家庭菜園,初心者,プランター,場所,環境

プランター家庭菜園に適した環境と場所

スポンサードリンク

プランター家庭菜園に適した環境と場所

プランター家庭菜園を行うに当たって、まずは,
環境や場所を整えなくてはなりません。

 

基本的にプランターで家庭菜園を行う場合、多くの人が
ベランダで行う事が多いのではないでしょうか。

 

そういった事を基本に、環境のポイントを考えていきましょう。
ベランダである場合、床がコンクリートのことがほとんどでしょう。

 

床がコンクリートの場合はベランダに直接プランターを置いて
しまうと、コンクリートの反射熱などで、夏などはプランターの中がとても高温になってしまいます。

 

プランター家庭菜園でベランダがコンクリートの場合、人工芝を敷こう!

床がコンクリートの場合は、育てるのが簡単だといわれている
ような野菜でも、栽培が一気に難しくなるのです。

 

そうならないためにも、コンクリートの床の上で育てるときは、
人工芝や麻のマット、または木のチップなどをベランダの
床に敷いた上で、台、プランターを置いていきましょう。

 

また、明らかに日当たりが悪いような場所も
プランター家庭菜園には向きません。

 

植物には日光が必要ですので、きちんと
日当たりなどを考えた上で、場所をきめていきましょう。


スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方