家庭菜園,初心者,プランター,ゴーヤー,栽培,ニガウリ,簡単,育てる,方法

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方(栽培方法)と特徴

スポンサードリンク

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方(栽培方法)と特徴

ゴーヤ(ニガウリ)は、その高い栄養価から近年人気がある
野菜と言えます。特に加熱しても栄養が壊れにくいのが
扱いやすいと言えるのかもしれませんね。

 

-<ゴーヤ(ニガウリ)の育て方(栽培方法)>-

 

ゴーヤー(ニガウリ)は、一般的なサイズの20cm程度の土の深さを
確保できるプランターで育てる事が出来ます。

 

ゴーヤ(ニガウリ)は種まきの時期は4月後半からになります。
その後、6月に入るあたりに、本葉が3枚程度になったら定植を行えるようになります。

 

そして定植した株が安定したら肥料をやり、その後つるが50cm位伸びた時、そして収穫盛りに
はいったときに、肥料をあげるようにしましょう。収穫は7月終わりからになります。

 


ゴーヤー(ニガウリ)栽培のポイント

ゴーヤー(ニガウリ)は基本的に病害虫の被害にあいにくいため、

初心者でも比較的作りやすいのが魅力の野菜と言えます。また、育てる際には、
ネットや支柱を使い上手につるにからませていくとグリーンカーテンになります。
利用して、エコや、電気代軽減へとつなげる事もお勧めです。

 

 

 

 

ゴーヤー(ニガウリ)の病害虫

 

ちょっとビックリなんですが、病害虫は基本的にありません。
育てやすくて栄養満点!言うことなしの野菜です。

 

ひょっとするとゴーヤー(ニガウリ)が長寿の島「沖縄」を支えているのかも (^^)

スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方(栽培方法)と特徴関連ページ

ゴーヤー(にがうり)の苦味を無くす4つの食材!
近年、ゴーヤー(ニガウリ)が栄養に恵まれた野菜だというのは認知されてきました。しかし、「にがうり」と言われているくらいですから確かに苦くて敬遠される方が多いのも事実ですよね。
インゲンの育て方(栽培方法)と特徴
隠元禅師が名前の由来とされるマメ科の植物であるインゲンは、つるなしがプランター栽培に非常に向いています。
オクラの育て方(栽培方法)と特徴
オクラは人によっては好き嫌いがありますが、栄養価も高く、ぜひプランター家庭菜園に取り入れてほしい野菜の一つと言えます。
きゅうりの育て方(栽培方法)と特徴
サラダやピクルスなどで何かと登場するキュウリ。実は、割と簡単に家庭菜園でも育てる事が出来る野菜なんです。
茄子・ナスの育て方(栽培方法)と特徴
茄子(ナス)は和風、洋風、中華問わず使う事ができ、色々な調理法に適していて家庭でも大活躍の、重宝する野菜と言えます。そんな茄子(ナス)はプランター家庭菜園でも育てることができます。
ピーマンの育て方(栽培方法)と特徴
ピーマンも家庭の料理によく出てくる野菜と言えます。ピーマンはしっかりと育てるとたくさん収穫が期待できますので、プランター家庭菜園でもどんどん育てていきましょう。
プチ・ミニトマトの育て方(栽培方法)と特徴
プチトマト、ミニトマトは、家庭菜園では人気の野菜です。買うとなると案外高いですし、できたら家で簡単に育てられると良いですよね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方