ゴーヤ,にがうり,苦い,調理,料理,方法,苦味,無くす,薄く,食べやすく

ゴーヤー(にがうり)の苦味を無くす4つの食材!

スポンサードリンク

ゴーヤー(ニガウリ)料理の苦さを無くす・軽減・薄く(調理・料理の方法)できるの!

 

近年、ゴーヤー(ニガウリ)が栄養に恵まれた野菜だというのは
知されてきました。しかし、「にがうり」と言われているくらいですから
確かに苦くて敬遠される方が多いのも事実ですよね。

 

そこで、ゴーヤー(にがうり)の本場として知られる沖縄では
どのように食しているのでしょう?沖縄の方は苦さに強いのか?

 

沖縄の方たちは幼い頃から、ゴーヤー(にがうり)に慣れ親しんで
いるので、他府県の方たちよりは抵抗が無いのは事実です。

 

ですが、いくら沖縄県民でも、苦い野菜の代表「ゴーヤー(にがうり)」
が苦手な人もおおいのです。

 

そんなゴーヤー(にがうり)ですが、沖縄のお母さん達は、栄養満点で
手に入れやすい野菜の「ゴーヤー」をなんとか子供たちに食べさせたいと思い、様々な工夫をしています。

 

 


ゴーヤー(にがうり)の苦さを無かった事にする方法!

沖縄のお母さん達が、ゴーヤー(にがうり)の苦さを無くす

(和らげる・軽減させている)料理法を紹介しましょう!

 

 

沖縄の家庭で一般的な「おかず」といえば、野菜炒め、そう、「ちゃんぷるー」です。
「ちゃんぷるー」とは、「ごちゃまぜ」という意味なんです。

 

「なんでも」、そこにある食材みんな使って「ごちゃ混ぜ」でつくった「おかず」の意味ですが、
そんな「ごちゃ混ぜ」の材料の中に、ゴーヤー(にがうり)の苦さを和らげている秘密があるんです!

 

 

ゴーヤー(にがうり)の苦さを無くす4つの魔法の食材!

「島豆腐(木綿豆腐)」

 

沖縄のチャンプルーの食材として多く登場する「島豆腐(木綿豆腐)」
沖縄では野菜炒めに島豆腐(木綿豆腐)を入れることが多いのですが、
他府県の木綿豆腐とはちょっと「ものが違います。」

 

大豆の含有量が多く栄養満点!身質も固く炒め物としても利用されているんです。
その「島豆腐」と「ゴーヤ(にがうり)」を一緒にチャンプルーすると、あら不思議!苦味が和らぐのです!

 

「島豆腐」が手に入らなくても「いつもの木綿豆腐」でOK!
ボロボロに崩れてもいいんです。その崩れた豆腐が苦味を無かった事にしてくれます!

 

 

卵(たまご)

 

沖縄のチャンプルー(野菜炒め)には、溶き卵を一緒に炒めていることがおおいのですが、この「溶き卵」が
苦くてたまらない「ゴーヤー(にがうり)」の苦さをほぼ無くしてくれます。

 

 

タマネギ

 

ゴーヤー(にがうり)で野菜炒めを作る際には、玉ねぎスライスも一緒に炒めましょう。
玉ねぎは炒めていくと甘くなります。その甘さが「ゴーヤー(にがうり)」の苦さを和らげてくれます。

 

 

豚バラ肉

 

沖縄のちゃんぷるー(野菜炒め)に多く登場する「豚バラ肉」ですが、その豚肉に含まれる「甘い脂」が
ゴーヤー(にがうり)の苦味を和らげてくれるのです。(ベーコンでもOK!)

 

<代替としてシーチキンでもOK!>
沖縄で豚バラ肉の代わりに「シーチキン」も使用します。

 

 

上記4食材とゴーヤー(にがうり)で、野菜炒め(チャンプルー)をつくって見てください!
あら不思議!まるで魔法のようにお子さんが「ゴーヤーチャンプルー」を食べてくれます!

 

ちなみに、沖縄では「だしの素」と「しょうゆ」が味付けの基本です!それだけでも美味しい!

 

 

ゴーヤー(にがうり)のその他の料理

ゴーヤー(にがうり)のサラダ(あえもの)って食べたことがありますか?
ゴーヤー(にがうり)をスライサーで薄くスライスして氷塩水にさらします。
(あくをとってシャキッとさせまます)

 

そしてゴーヤー(にがうり)をしぼって、シーチキンと醤油であえます。
ビックリしますよ!

 

蒸し暑い夏にオススメの和え物サラダです。(若芽を一緒にいれてもOK)

スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。

ゴーヤー(にがうり)の苦味を無くす4つの食材!関連ページ

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方(栽培方法)と特徴
ゴーヤー(ニガウリ)は、その高い栄養価から近年人気がある野菜と言えます。特に加熱しても栄養が壊れにくいのが扱いやすいと言えるのかもしれませんね。
インゲンの育て方(栽培方法)と特徴
隠元禅師が名前の由来とされるマメ科の植物であるインゲンは、つるなしがプランター栽培に非常に向いています。
オクラの育て方(栽培方法)と特徴
オクラは人によっては好き嫌いがありますが、栄養価も高く、ぜひプランター家庭菜園に取り入れてほしい野菜の一つと言えます。
きゅうりの育て方(栽培方法)と特徴
サラダやピクルスなどで何かと登場するキュウリ。実は、割と簡単に家庭菜園でも育てる事が出来る野菜なんです。
茄子・ナスの育て方(栽培方法)と特徴
茄子(ナス)は和風、洋風、中華問わず使う事ができ、色々な調理法に適していて家庭でも大活躍の、重宝する野菜と言えます。そんな茄子(ナス)はプランター家庭菜園でも育てることができます。
ピーマンの育て方(栽培方法)と特徴
ピーマンも家庭の料理によく出てくる野菜と言えます。ピーマンはしっかりと育てるとたくさん収穫が期待できますので、プランター家庭菜園でもどんどん育てていきましょう。
プチ・ミニトマトの育て方(栽培方法)と特徴
プチトマト、ミニトマトは、家庭菜園では人気の野菜です。買うとなると案外高いですし、できたら家で簡単に育てられると良いですよね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方