家庭菜園,初心者,プランター,オクラ,栽培,簡単,育てる,方法

オクラの育て方(栽培方法)と特徴

スポンサードリンク

オクラの育て方(栽培方法)と特徴

オクラは人によっては好き嫌いがありますが、栄養価も高く、
ぜひプランター菜園に取り入れてほしい野菜の一つと言えます。

 

-<オクラの育て方(栽培方法)>-

 

オクラは深さ30cm以上の、ある程度おおきなサイズの
プランターで育てるのが向いていると言えます。

 

オクラの種をまく季節としては、3月から4月になり、
5月の中旬程度には定植を行いましょう。

 

その後、定植から20日以上たった6月の中旬程度から20日程度おきに肥料をあげていきましょう。
収穫は6月下旬から行えます。あまり大きくなり過ぎないように8cm程度の時に収穫しましょう。
(大きくなりすぎると薄く、硬く、美味しくありません)

 

オクラは非常に寒さに弱い野菜です。10度以下になるようなときには、成長は望めません。
その反面、暑さにはつよく、高温で日当たりが良すぎるかも?という環境でも、とてもしっかりと育ちます。

 


オクラの病害虫

オクラで一番注意しておきたいのは、ワタノメイガになります。葉が葉巻のように巻いているのを
見かけたら、この虫の幼虫がいる事が考えられますので、中にいる幼虫を落とさないように
気を付けながら開き、退治していきましょう。カバーをかけて予防することも大切です。

 

 

スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。

オクラの育て方(栽培方法)と特徴関連ページ

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方(栽培方法)と特徴
ゴーヤー(ニガウリ)は、その高い栄養価から近年人気がある野菜と言えます。特に加熱しても栄養が壊れにくいのが扱いやすいと言えるのかもしれませんね。
ゴーヤー(にがうり)の苦味を無くす4つの食材!
近年、ゴーヤー(ニガウリ)が栄養に恵まれた野菜だというのは認知されてきました。しかし、「にがうり」と言われているくらいですから確かに苦くて敬遠される方が多いのも事実ですよね。
インゲンの育て方(栽培方法)と特徴
隠元禅師が名前の由来とされるマメ科の植物であるインゲンは、つるなしがプランター栽培に非常に向いています。
きゅうりの育て方(栽培方法)と特徴
サラダやピクルスなどで何かと登場するキュウリ。実は、割と簡単に家庭菜園でも育てる事が出来る野菜なんです。
茄子・ナスの育て方(栽培方法)と特徴
茄子(ナス)は和風、洋風、中華問わず使う事ができ、色々な調理法に適していて家庭でも大活躍の、重宝する野菜と言えます。そんな茄子(ナス)はプランター家庭菜園でも育てることができます。
ピーマンの育て方(栽培方法)と特徴
ピーマンも家庭の料理によく出てくる野菜と言えます。ピーマンはしっかりと育てるとたくさん収穫が期待できますので、プランター家庭菜園でもどんどん育てていきましょう。
プチ・ミニトマトの育て方(栽培方法)と特徴
プチトマト、ミニトマトは、家庭菜園では人気の野菜です。買うとなると案外高いですし、できたら家で簡単に育てられると良いですよね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方