家庭菜園,初心者,プランター,ミニ大根,栽培,育て方

ミニ大根の育て方(栽培方法)と特徴

スポンサードリンク

ミニ大根の育て方(栽培方法)と特徴

 

ミニ大根は大根を品種改良されたもので、暑さや寒さなどの
気候の変化にもつよく、とても育てやすくなっている品種です。

 

-<ミニ大根の育て方(栽培方法)>-

 

プランターは30cm以上の深いものが適しています。
春と、秋にまく事ができる野菜で、種まきの時期は3月〜4月と、
8月〜9月、収穫は4月〜6月と、9月〜11月に出来ます。

 

種まきの時期に種をまき一週間たって本葉がでてきたら、ある程度間引きをします。
肥料は1週間から2週間程度に1回肥料を与えていきます。収穫の際の目安としては、
種まきから大体70日程度経過したのちに、葉が開いて垂れる感じになってきたら収穫が可能となります。

 

ポイントとして、目が出るまではこまめに土が乾かないように水をやっていきましょう。
表面を乾かさないようにあげるのが重要です。

 

 


ミニ大根の病害虫

アブラムシとアオムシに注意が必要です。
両方とも、ネットやカバーで、事前に予防しておくことが有効と言えます。

スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。

ミニ大根の育て方(栽培方法)と特徴関連ページ

人参の育て方
ニンジン(人参)も一般家庭の中で親しみ深い野菜ですね。土の中の部分を食用とする根菜になります。育てやすさはそれほど良いとは言えず、若干慣れて きてからのほうが良いかもしれません。
ジャガイモの育て方(栽培方法)と特徴
ジャガイモは家庭料理には欠かせない野菜と言ってよいのではないでしょうか。そんなジャガイモは、育てる事でなんと種イモの15倍の量が収穫できるという驚異の野菜なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方