家庭菜園,初心者,プランター,ベランダ,失敗,水のやりすぎ

プランター家庭菜園で失敗しがちなポイント

スポンサードリンク

プランター家庭菜園で初心者が失敗しがちなポイント!

 

プランター家庭菜園を行う際に、
初心者が失敗しがちなポイントを紹介しましょう。

 

家庭菜園の失敗例で一番多いと言われているのは、
やはり水のやりすぎだと思います

 

植物には水が必要です。
そのため、やる気があり、終始プランターが気になってしまう
初心者のころは、ついつい水をやりすぎてしまうのです。


どうして「水のやりすぎ」が良くないの?

なぜこの水のやりすぎが良くないかというと、水が多すぎると
根っこの部分が酸欠になってしまいます。

 

そして病原菌も増えて根が腐ってしまい、最終的に枯れてしまうということになるのです。

 

こうならないために、水やりはきちんと本や、注意書きなどを参考に適量を与えるようにしましょう。
土もある程度乾く間を与えてあげる事が大事なのです。

 

土がアルカリ性になるとダメ!?

そして次にある失敗としては、土をアルカリ性にしてしまう事になると思います。

土を消毒するために石灰をまきすぎたりすることが原因となります。

 

これは酸性の肥料をまいておくか、石灰分を吸収する事が出来る「ほうれん草」などを
栽培するのも良いかと思います。

スポンサードリンク








このサイトは「SIRIUS(シリウス)」で作成しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
初心者にオススメの野菜 準備物と道具 葉野菜の育て方 根野菜の育て方 果野菜の育て方